• ホーム
  • 肝斑の治療薬と使用されているトランシーノ!高い改善効果が期待できる?

肝斑の治療薬と使用されているトランシーノ!高い改善効果が期待できる?

肝斑に効果的な薬のひとつに、トランシーノという薬があります。これは何かというと主に肝斑の治療や改善を目的としたもので、特に肝斑に効果があるとされる薬となっています。トランシーノの場合は同名の美容液やスキンケアグッズもありますが、ここでは服用する内服薬に特化して紹介しましょう。

その特徴的な部分は、やはり何よりも肝斑に特化しているという事でしょう。基本的に普通のシミには効果がなく、肝斑に特化しています。肝斑の大きさや濃さには関係がありませんが、使い続けることで8週間以内に効果があるのです。このため、ずっと使い続けても効果がない場合は実はシミである可能性もあり、判断するのにも適しています。

使い方は簡単で、毎日朝と夜の食後に飲むだけです。これを8週間続けて色が薄くなったり、消えたのなら肝斑の可能性が高いでしょう。一方、それでも効果が出ない場合はシミの可能性もあります。もっと早く判断したい場合は、4週間程度飲み続けて色が薄くなったり、面積が減ったかどうかを確かめる方法もありますが、確実ではありませんのでやはり8週間飲み続けるのがおすすめです。

ちなみに、トランシーノは処方薬としても使われる場合がありますが、一般のお薬として薬局やドラッグストアなどに販売しているケースもあります。どちらを使っても構いませんが、処方薬の場合は保険適用外となりますので気をつけておきましょう。一般薬の場合は2か月分などがまとめて売っていますので、それを使用するのも方法です。

トランシーノの効果としては、飲み続けることで少しずつ肝斑が薄くなってくるのが特徴的です。含まれるトラネキサム酸によって肌のメラニン色素を作るメラノサイトの動きをブロックし、色素が作られるのを防ぎます。また、L-システインやアスコルビン酸などによって色白肌に導き、なおかつ肌の状態を改善してくれる可能性も高いでしょう。このため、飲む前より美肌になったとか、肌の状態が改善したというような人も少なくありません。

とはいえ、この薬は8週間の服用を続けることが必要で、もし効果があったとしてもそれ以上続けるのは安全性が確認されておらず、メーカーもお休みするようにおすすめしています。その後は他の薬やサプリメントでL-システインやアスコルビン酸を補給して美肌をキープしたり、適切なスキンケアや紫外線対策でしっかり肌トラブルを防ぎましょう。改善されてもいつまでもダラダラ続けるのではなく、2か月経ったら一度お休みしてください。

関連記事
毛穴パックで損をしないために大事な事!メリット・デメリットを知っておこう 2020年07月07日

肌をきれいにする方法のひとつに、毛穴パックがあります。毛穴の汚れを浮かせて落とすタイプやピーリングによって毛穴を綺麗にするタイプ、シートを貼って剥がすタイプなど、色々なタイプがあるでしょう。肌がきれいになるというのが最も大きなメリットですが、実はデメリットもあります。この毛穴パックのメリット・デメリ...

ニキビ治療で苦戦している人必見!低用量ピルでニキビを改善できる? 2020年05月28日

もしあなたがニキビ治療をしていてもなかなか効果が出ないとか、ニキビ肌がなかなか改善しないという場合、低用量ピルを飲むことで改善するかもしれません。低用量ピルとは、女性の月経困難症や生理痛対策、月経周期対策としても使われるホルモン薬で、主に女性ホルモンを含んでいます。避妊薬として女性が毎日飲む薬として...

ニキビ跡として厄介なクレーターを治療する方法は?適切なケア方法を紹介 2020年04月21日

ニキビをきちんとケアしても、出来てしまう事があるのがニキビ跡やクレーターと呼ばれる赤い跡やくぼみです。特徴的なのはニキビが出来た後の毛穴に出来るもので、肌にぽつんとできてしまったり、色はなくても窪みのような部分が出来るというものです。実はこの窪みはなかなか治る物ではなく、治療も根気強く行いましょう。...

ヒルドイドは通販で購入する事が可能なの?購入できる種類について紹介 2020年01月02日

ヒルドイドについては病院で処方される皮膚のお薬、というイメージがあるかもしれません。ですが、実際はいろいろな所で販売されており、特にインターネットでの通販でも人気のある製品です。まず、そのひとつはヒルドイドフォルテクリームという物があります。これは有効成分を豊富に含んでいるクリームで、とにかく保湿効...

紫外線を浴び過ぎるとシミができるのはなぜ?そのメカニズムを紹介 2020年02月21日

紫外線は肌にトラブルを与え、なおかつ肌を黒くさせるので色白が流行しているときにはあまり好ましくありません。基本的に美肌を意識している人なら、紫外線はカットしておきたいところでしょう。これを浴びすぎると、時にシミが出来ることもあります。これはどういったメカニズムで起こる物なのでしょうか。まず、太陽から...