• ホーム
  • 紫外線を浴び過ぎるとシミができるのはなぜ?そのメカニズムを紹介

紫外線を浴び過ぎるとシミができるのはなぜ?そのメカニズムを紹介

肌を気にする女性

紫外線は肌にトラブルを与え、なおかつ肌を黒くさせるので色白が流行しているときにはあまり好ましくありません。基本的に美肌を意識している人なら、紫外線はカットしておきたいところでしょう。これを浴びすぎると、時にシミが出来ることもあります。これはどういったメカニズムで起こる物なのでしょうか。まず、太陽から降り注ぐ紫外線にはA波、B波、C波という三つの波があります。このうちC波は地球上にあるオゾン層によって地上に届くことはありません。次にA波とB波は地球上に降り注ぐため、皮膚が自然にこういった紫外線を防御する方向に進化してきました。

A波は肌の奥深くである真皮まで届き、肌の組織を破壊します。このため肌はA波から守る必要があり、浴びるとメラニン色素という黒い色素を作って防衛するようになりました。このメラニン色素によって肌が黒くなって透明感が出にくくなったり、またA波そのものの肌組織の破壊によって、肌のたるみを引き起こすようになったのです。とはいえ、A波だけであればあまり紫外線が原因でシミになるという事ではないのです。

B波は肌の表面である表皮までしか届きませんが、こちらも肌にダメージを与えます。特にシミの原因となるのはこちらで、肌表面を荒らすことについてはB波の方が効果が強いでしょう。B波については特にすぐに日焼けをしたり、シミに繋がりやすいようなメラニン色素の生成に繋がります。特に部分的に肌にダメージを受けるとその部分だけ特にメラニン色素が多く出て、なかなか消えません。この部分がシミになり、特にメラニン色素を作るメラノサイトが活発に動くことでこれがなかなか消えない、ということにもなりかねないのです。

シミについては特に肌が紫外線から肌の組織や皮膚そのものを守ろうとするメカニズムによるものなので、とにかく肌を紫外線にさらさないことが大事です。また、出来てしまったシミには出来るだけ早く対処することで、もしかしたらメラノサイトの活動を抑えられたり、シミが薄くなる・消えるかもしれない確率も格段に高くなります。このため、出来るだけ早めに対処することが望ましいのです。また、さらに出来るだけそもそも紫外線に当たらない事や日を浴びないこと、紫外線対策として日傘や日焼け止めの使用などを積極的に行うことが大事です。シミを作りたくないなら同時にインナーケアといって、体の内側から撮る栄養素などでもケアできます。

関連記事
ニキビ治療で苦戦している人必見!低用量ピルでニキビを改善できる? 2020年05月28日

もしあなたがニキビ治療をしていてもなかなか効果が出ないとか、ニキビ肌がなかなか改善しないという場合、低用量ピルを飲むことで改善するかもしれません。低用量ピルとは、女性の月経困難症や生理痛対策、月経周期対策としても使われるホルモン薬で、主に女性ホルモンを含んでいます。避妊薬として女性が毎日飲む薬として...

ニキビ跡として厄介なクレーターを治療する方法は?適切なケア方法を紹介 2020年04月21日

ニキビをきちんとケアしても、出来てしまう事があるのがニキビ跡やクレーターと呼ばれる赤い跡やくぼみです。特徴的なのはニキビが出来た後の毛穴に出来るもので、肌にぽつんとできてしまったり、色はなくても窪みのような部分が出来るというものです。実はこの窪みはなかなか治る物ではなく、治療も根気強く行いましょう。...

ヒルドイドは通販で購入する事が可能なの?購入できる種類について紹介 2020年01月02日

ヒルドイドについては病院で処方される皮膚のお薬、というイメージがあるかもしれません。ですが、実際はいろいろな所で販売されており、特にインターネットでの通販でも人気のある製品です。まず、そのひとつはヒルドイドフォルテクリームという物があります。これは有効成分を豊富に含んでいるクリームで、とにかく保湿効...

肝斑の治療薬と使用されているトランシーノ!高い改善効果が期待できる? 2020年03月26日

肝斑に効果的な薬のひとつに、トランシーノという薬があります。これは何かというと主に肝斑の治療や改善を目的としたもので、特に肝斑に効果があるとされる薬となっています。トランシーノの場合は同名の美容液やスキンケアグッズもありますが、ここでは服用する内服薬に特化して紹介しましょう。その特徴的な部分は、やは...

シミと肝斑はどのような違いがあるの?それぞれの特徴について詳しく紹介します 2020年03月11日

肌に何か黒いものが出来た、といっても、その種類はかなり豊富で、治療法も違ってきます。特に見分けがつきにくいのがシミと肝斑の違いでしょう。実はこの二つは原因も違うので、どういう物かきちんと判断しないと適切に対処する事が出来ません。まず、肝斑の大きな特徴は左右対称に出来ることです。シミの場合は実は左右非...